大田原市クリーンセンター管理サイト

   

4月からの剪定枝木・草等の収集について
2017/4/1
 家庭から発生する剪定枝木・草等については、平成26年4月から制限付ではありますが、ごみステーションからの収集を再開いたしました。
この方法で焼却を行ってきた結果、焼却灰等に含まれる放射性物質の濃度値が減少してきましたので、収集方法の制限を解除しても安全な値で処理ができると市では判断いたしました。
長期間にわたり、ご不便をお掛けいたしましたが、下記のとおり平成27年4月1日からは通常収集を再開いたします。
今後も皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

◆ 通常収集とは
・剪定枝木・草等は「もやせるごみ」として出せます。
・1回に出せる「もやせるごみ」の量(剪定枝木・草等以外のもやせるごみを含む)は、30坩焚爾つ1㎥以下です。
・枝木は束ねて出すこともできます。枝木を束ねて出す場合は、太さを直径10儖焚次長さを50儖焚爾砲靴董∧匱蠅濃てる程度にひもで縛ってください。(1回に3束まで)

※ 剪定枝木・草等を一度に多量に処分したい場合は、広域クリーンセンター大田原に直接搬入してください。(処理手数料:10圓△燭100円)
※ 事業所から発生する剪定枝木・草等については、事業活動に伴うごみと同様にごみステーションに出すことはできませんのでご注意願います。